下記インタビューは、2008年、ニューヨークアート財団からの奨学金給費研究員受賞に際し行われたものです。オリジナル記事は、下記のサイトより御覧になれます。

http://current.nyfa.org/post/64407631474/meet-a-nyfa-artist-takayo-seto

_________________________________________

Meet a NYFA Artist: Takayo Seto

 

 

 

 

 

 

 

NYFA speaks with 2008 Painting Fellow

- Hi Takayo! Please tell us what are you working on and/or what’s coming up for you.

I have been working on oil paintings for more than fifteen years. Early in 2009, I started to create digital drawings using Adobe Photoshop. I used to use Photoshop just to adjust the color of the scanned images of my paintings, and never thought that it would become a medium for producing work. Now I enjoy the process of creation while sitting in front of a computer instead of standing in front of easel, working with pixels instead of paints as a basic material. Digital works can be easily manipulated and presented in different media, and I am expecting to show them in various ways. Here is one my recent digital work attached here: At Work. I hope you

enjoy it.

—今日は。貴代さん、今現在あなたがやっていることを教えてください。

あるいは、今後の予定があれば教えてください。

私は、もう15年以上も油絵を描いています。2009年の初頭に、アドビフォショップを使って、デジタル・ドローイングを初めました。それまでは、絵をスキャンしたイメージの色を調整する目的だけのために使用していました。それが作品を創作するための媒体になるとは、考えもしませんでした。かつてはイーゼルの前に立って作業をしていたのですが、今はコンピューターの前に座って、絵の具の代わりに、ピクセルを基本材料として作品を創っています。その創作過程がとても楽しいです。デジタル作品は、どんな媒体にでも容易に変換できて展示できるので、今後様々な方法で作品をお見せできたらと思っています。ここに1点、最近のデジタル作品を紹介しています。At Work (仕事中)’ です。気に入って頂けるとうれしいのですが。

 

 

- What is your “cultural background” and how, if at all, does it affect your work?

I grew up in Kanagawa, Japan. The cultural preferences, including those for particular colors and aesthetics, that the Japanese have been cultivating for centuries are certainly very powerful influences for me. Yet, I have never had any intention to create something “purely Japanese”. I remember once, in my studio, someone said my color works were very Japanese, and another time, someone said my paintings didn’t even have a hint of Japanese flavor. Don’t you think that’s interesting?

 

—あなたのカルチャーに関するバックグラウンドは何ですか?

それがあなたに影響を及ぼしているのであれば、それも教えてください。

私は、日本の神奈川県で育ちました。日本人が何世紀にも渡って培ってきた文化的な好みは、色や美意識を含め、私に大いなる影響を及ぼしている事は確かです。しかし私は一度として、意図的に”純日本的な何か”を創ろうとしたことはありません。ここで思い出しましたが、かつて私のスタジに絵を見にいらした方が、私の絵の色使いがとても日本的だ、とおっしゃいました。しかし、別の機会にいらした方は、私の絵は、描き手が日本人なのに日本的な趣がしない、と言われました。これって、ちょっとおもしろくないですか?

 

- Tell us your most memorable art experience growing up.

I was taking calligraphy lessons when I was in an elementary school and I began to relearn it after I graduated from Trinity College. Then I continued studying until I got the Shihan (Master’s) license. In calligraphy, the intensity of color ranges widely from grey to black. In learning this, I think I became more sensitive to the subtleness of color, the power of line, the value of space, and the beauty of balance.

 

—あなたが育ってきた中で、アートに関しての印象的な経験を教えてください。

私が小学生のときお習字を習っていました。そしてトリニティ大学を卒業後、また習い始めました。それは師範を取得するまで続きました。書道の世界では、色は、グレイから黒に渡って幅広く展開します。学ぶうちに、色のわずかな違いや、一本の線の力強さ、空間のもつ価値、バランスの妙などにとても敏感になったように思います。

 

- What is an indulgence for you?

I love to do nothing but read all day long in bed. Ideally it should be a very dark and cloudy day.

If it were raining, it would be perfect!

 

—あなたにとって自分を甘やかすような楽しいこととは何ですか?

日中何もしないで、ただただ、ベッドの中で本を読む事です。暗い曇りの日が理想的です。もし雨が降っていたりしたら、それは最高です!

 

- What are your goals as an artist for the next five years?

I have been trying to show something essential, something in common to all of us in my art works. To realize this, I have also been working on myself, because I know that art works, like a mirror, reflect the values that the artists have. So I would like to see how much my works could be true to the audience. It would be my greatest pleasure if my work could enrich the lives of people in the world.

 

—今後5年間についての目標は何ですか?

私は、今まで私達皆にとって共通の何か大切なものを私の作品に現したいと思って絵を描いてきました。これを実現する為に、私はまた自分自身についても勉強してきました。というのも、アート作品というのは、まるで鏡のように、描き手のもっている価値観を映し出してしまうからです。私は、私の作品を見てくれる人たちにとって、私の絵がどれほど真実性があるものなのか知りたいです。もしも、私の作品が世界の人たちの人生を豊かにするものとなれば、それは私にとって一番の幸せです。

 

- What has encouraged you to keep working as an artist?

I also ask myself this question. Why have I been here in Brooklyn working on my paintings alone all these years? Is it worth it to ask the financial support of my parents for this? Maybe I am out of my mind? Nevertheless, I have never stopped working on my creative activities since I decided to live as an artist. Why? This is probably because I strongly feel that being and working as an artist is my role in my life. It was truly my choice to become an artist, but yet at the same time, I always feel that something or somebody lead me in this direction.

 

—あなたがアーティストとして、今まで続けてこられた要因は 何ですか?

私も、私自身にこの問いをします。ここブルックリンで、これまで何年間も一人で絵を描いてきたのはなぜなのだろうか、と。これまで創作活動に専念できたのは、両親からの経済的援助のおかげなのですが、果たして、その価値はあるのか?私は、気が狂ってしまったのか?それでも、私はアーティストとしての人生を決心したときからずっと創造的な活動をやめたことはありません。なぜ?たぶんきっと、わたしはどこかで、アーティストとして生きて働いていくことが、私の人生における私の役割だということを強く感じているからだと思います。もちろん、アーティストになることは、私自身の選択ではあるのですが、でも同時に、いつも誰か、何ものかが、わたしを今ある方向に導いてきた、という風に感じることがあります。

 

- What role has the Fellowship played in your life?

In 2008, I was honored to be selected as a painting fellow. This certainly gave me confidence as an artist and encouraged me to continue working with a full spirit. Thank you indeed for this recognition!

 

—あなたの人生において、この奨学金はどんな役割を果たしましたか?

 

2008年、光栄にも絵画部門のフェローに選ばれました。これは、アーティストとして多大な自信をもたらしてくれました。またこれからもずっと創作を続けていこうという励ましでもありました。このような機会をいただき本当にありがとうございました。感謝申し上げます。